楽天市場

2018年09月07日

JAK阻害薬

JAK阻害薬はとても新しいお薬です。
tsDMARDsに分類されています。

IL-2, 4, 7, 9, 15, 21のシグナル伝達で
ヤヌスキナーゼ(JAK)という
リン酸化酵素が共通して下流にあるため
JAK阻害薬が開発されたそうです。

JAKにはJAK1、JAK2、JAK3があり、
それぞれ発現している細胞などの差から、
JAK3を特異的に抑制したかったようです。

しかしそう簡単に問屋はおろしてくれなかった。

現在のところ関節リウマチに使える
JAKiは2種類しかありません。

トファシチニブとバリシチニブです。

TOFはJAK 1/3の阻害薬、
バリシチニブはJAK 1/2の阻害薬
となってしまいました。

このJAKの差がどれほどの臨床的な
アウトカムの差になるのかは、
正直"にかわ"には難しいです。笑



※※※※※※※※※※※※※※※※
ランキングに参加しています。
クリックして頂けたら嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
コメントもいただければ幸いです♪
※※※※※※※※※※※※※※※※


posted by にかわくん at 22:57 | Comment(0) | 関節リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リウマチ膠原病科医の伝えたいこと
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。