楽天市場

2018年09月06日

生物学的製剤 効果不十分

生物学的製剤だって完璧な薬ではありません。
当然効かないこともあるのです。
効果不十分と言います。

無効の場合の対応は以下の通りではないでしょうか。
(Nat Rev Rheumatol. 2015 May;11(5):276-89.も参考にしてください)

@アドヒアランスの確認
そもそも皮下注製剤は悪いと言われています。
(Clin Exp Rheumatol. 2017 May-Jun;35(3):423-430.)

具体的には
 毎週の製剤:アドヒアランス未達成率17.4%
 2週毎の製剤:アドヒアランス未達成率14.4%
 4週毎の製剤:アドヒアランス未達成率6.4%
と言われています。

別の報告では25%がアドヒアランス不良とのことです。
(Clin Rheumatol. 2016 May;35(5):1335-9.)

ALIGN試験、PASSION試験なども参考にしてください。

A一次無効ならBio切り替え

B二次無効なら
 増量
 Bio切り替え(一時的なフレアアップの時はステロイド増量)
  別の作用機序に
   JAMA. 2016 Sep 20;316(11):1172-1180.(これは1次無効も混ざっている)
   TCZから(Clin Rheumatol. 2016 Nov;35(11):2829-2834.)
  2nd-TNFi
 csDMARDsの増量や追加
  IFX効果不十分へのMTX増量(Ann Rheum Dis. 2005 Sep;64(9):1379-80.)



※※※※※※※※※※※※※※※※
ランキングに参加しています。
クリックして頂けたら嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
コメントもいただければ幸いです♪
※※※※※※※※※※※※※※※※


posted by にかわくん at 22:19 | Comment(0) | 関節リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リウマチ膠原病科医の伝えたいこと
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。