楽天市場

2017年09月19日

関節リウマチ 歩けない

関節リウマチの患者さんが
歩けないと言ったなら
絶対に経過観察としてはいけません。

もしくはRA患者さんの歩き方が
ヨチヨチふらふら歩いていたなら
絶対に経過観察としてはいけません。

よくあるのはRA患者さんだから
このくらいゆっくり歩くのは当然だ
という考え方です。
これは逆に経験を積んだ先生ほど
陥りやすい失敗です。

健康な人と皆で一緒に旅行できるくらいで
"歩ける"という状態です。
そうでなければ歩行機能は低下しています。

移動できないということは
生活に直結します。
必ず原因を精査をして
改善できる様に努めましょう。

歩行の視診手順を参考にどうぞ。


※※※※※※※※※※※※※※※※
ランキングに参加しています。
クリックして頂けたら嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
コメントもいただければ幸いです♪
※※※※※※※※※※※※※※※※


posted by にかわくん at 08:50 | Comment(0) | 関節リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リウマチ膠原病科医の伝えたいこと